2020年出展受付中!-申し込み締切日は7月末まで

上海国家会展中心(中国博覧会展総合体)について

上海国家会展中心(中国博覧会展総合体)について

みなさんこんにちは、佐々木です。
今回は少し展示会場やその行き方などについて、簡単に説明したいと思います。


National Exhibition and Convention Center(Shanghai)(NECC(SH))公式ウェブサイト:http://www.cecsh.com/

世界最大級のコンベンションセンター
総建築面積147万㎡、屋内展示スペース400,000㎡
屋外展示スペース100,000㎡
2015年6月完成した比較的新しい展示会場です。

会場内の歩き方

実際に足を運ぶと想像した以上に広いです。なんとなく歩くと相当いいダイエットになると思います。計画を立て少しでも疲弊せずに目的のブースに行くことをおすすめします。体力に余裕のある方はその限りではありませんが。

会場内が空いている時はいいのですが、混雑していると広い上に、人がたくさんいてなかなか前に進まないといったことも考えられます。ここでも時間は少し多めに考えて行動しましょう。

会場マップ

https://www.neccsh.com/cecsh/watchexhi/guidefloor.jspx

会場への行き方

上海虹橋国際空港(SHA)から車で10分
上海浦東国際空港(PVG)より車で50分
地下鉄2号線 徐涇東駅4号出口すぐ

https://www.neccsh.com/cecsh/watchexhi/navmap.jspx

なお、車の移動は道路状況により異なる場合がありますので余裕を持って行動しましょう。

空港

いったことがある方はご存知と思いますが、上海には2つの国際線があります。もともとあった虹橋空港、そして浦東空港です。会場には虹橋空港が近いです。

なお、余談ですが、普段何気なくよく利用している97年10月着工、99年9月に完成の浦東国際空港は、空港建設に日本政府の円借款が役割を果たしました。日中は長い間、お互いの協力によって互いの発展に寄与してきた歴史があります。新聞記事のリンクを紹介します。私もこの記事の内容のプレートを空港内移動中に拝見したことがあります。

TAXI

さて、上海にはこの(NECC(SH))の他にも、大型の国際展示会場がいくつかあり、中国語の名前、漢字も似ていたりするので、タクシー等を利用する際は、地図を確認したり、虹橋などのキーワードを強調するなど、他の展示会場に誤って行かれないようにしましょう。特に浦東方面等から行かれる方は要注意です。

SUBWAY

地下鉄は便利ですが、混雑していることも多いので、大きな荷物を持っているときは、あまり向いていません。しかしながら、身軽に移動する際は、最高の移動手段と言えます。地下鉄入口では手荷物チェックが行われていると思うので、携帯品は必要最小限が良いと思います。

会場内の飲食店

食堂や、コーヒショップ、コンビニなどもあります。

会場も広く、出展者も来場者も多いので、ゆっくりしたい時は、時間をずらして食事を楽しみましょう。

https://www.neccsh.com/cecsh/businessinfo/shopping.jspx

宿泊ホテル

会場内にInterContinental Shanghai NECCがあります。展示会場と歩いて行き来できるので、移動時間のない、あるいは少ない方は、ここのホテルの利用も良いと思います。予算がきになる方は、少し足を伸ばせば、たくさんのホテルが上海にありますので、色々な選択肢があると思います。

皆様の移動等もスムーズに行われ、実りのある展示会であることを願っております。